松本市立博物館工事囲いアート

先日、長野県松本市に新たに建設される松本市立博物館の工事囲いアートとして髙橋ヒロシ先生のキャラクターとメッセージが施工されました。

博物館からこのコロナ渦に髙橋先生に街を歩く人々が元気の出るようなイラストとメッセ―ジを考え文字を地元の県立蟻ケ崎高校書道部に書いていただき製作されました。

高さ2.5m横幅12mの壁面に坊屋春道、河内鉄生、花木九里虎がでっかく描かれた工事囲いは松本城直ぐ近く!

工事期間中の一年以上に渡り展示されていますので新型コロナウイルスの収まった際には松本市に観光に訪れて記念撮影などしてみてはいかがでしょうか。





最新記事
アーカイブ